お部屋やお家の決め方の話

本日もいいお天気になっていますね。日中は暖かく、朝晩が冷えますのでヒートショックにはご注意くださいませ。

お家の決め方・選び方の男女比

新しく住むお家を決める際、何を一番重視しますか?という質問に、男性女性で重視する場所が違う事ってよくありますよね。例えば新婚さんでお部屋をお探しのお客様の場合、奥さまがメインで間取りのご希望を出されることが多いです。その中でも水廻りにこだわりを持たれている方が多くいらっしゃいますね。「キッチンの広さ」「バストイレは別」など譲れない条件が多いのも女性の方が多いかもしれません。住んでからのイメージがハッキリしているのも奥さま。といったことが多くあります。

いつも一緒だとクールダウンできずにストレスにも・・・?

新婚でラブラブ!何時も一緒がいい!という時期はいつまで続くのか…なんてことを入居前から考えているお客様は少ないと思いますが、いざ喧嘩をしたり言い合いになったりした時に夫婦で別々にクールダウンできる部屋があった方が良いと思いませんか?そのため、出来れば2Kほどの間取りは必要だと思います。「親しき中にも礼儀あり」のような使い方もできますし、ある程度の距離があればいつまでもラブラブで居られるかもしれません。以前は多かった夫婦で一つのベッドも、昨今では別々のベッドやセパレートタイプのマットレスを選ばれる方も多いようです。夫婦共働きが多く生活リズムのズレでストレスが生じないように『お互いを思いやる気持ち』で分けられているのでしょう。確かに先に寝ている人の横へ寝る際、ベッドを揺らして起こしてしまったり、寝返りをうつのに気になってしまったり…マットレスを分けるだけでも相手側に伝わる振動は軽減されますのでオススメです。

お互いの譲れないポイントは書き出しましょう!

お部屋探しをご夫婦でされる場合、別々で【譲れないポイント】をメモに書き出してみましょう。これはお家を新築される際にも有効です。はじめは簡単に【駅まで徒歩〇分まで】や【食事の部屋と寝る部屋は別】など。次にお互いの譲れないポイントをすり合わせてみましょう。そうすると「こんなところが譲れないんだな」という事がお互いに見えてきます。それがすんだら今度はランキングをつけていきます。≪お互いに1番に譲れない場所はどこか≫これが決まればあとはそのランキングにそってお部屋探しをしていけば大丈夫です。

★★お部屋探し&新築&リフォームのお問い合わせもぜひ弊社までお気軽に★★