H様邸 屋根・外壁リフォーム中

屋根の貫板部分

H様邸の屋根は隅棟部分がずれてしまい、いつ雨漏りをしてしまっても、おかしくない状態に!!

雨漏りがしてしまう前に、H様邸の屋根、外壁をリフォームします。

 

屋根と屋根のつなぎ目部分(隅棟)がずれてしまった図。

屋根と屋根のつなぎ目の隅棟部分がずれてしまっている写真。

 

よく見ると、苔も生えてしまっています。

手前は、経年でコロニアル(スレート/カラーベストとも言われる)の屋根に苔が生えてしまいました。奥はトタンの屋根が赤く色あせてしまいました。

経年でコロニアル(スレート/カラーベスト)の屋根には苔が生え、トタンの屋根は日焼けで色あせて、赤く変色しまいました。

 

屋根の苔を削り取り、下地を貼っていきます。

 

下地を貼り終えた屋根

下地を貼り終え、ガルバリウム鋼板の屋根を葺き始めたところ。

作業がどんどん進んでいきます。

 

《H様邸の施工事例はこちら》

 


新栄託建では、お客様の立場にたち、おうちのイメージ作りのお手伝いから、責任ある施工、長期にわたるアフターサービスと、理想の住まいと安心をお届けしています。

家づくりのご質問やご相談、ご不明なことなど、ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

《リフォームの施工事例はこちら》